マンゴジェリー|24匹の猫

※猫の写真は、2002年夏に大阪公演で配布されたトレーディングカード(管理人所蔵)です。

マンゴジェリー<写真=西門翔宇(趙宇)さん>

マンゴジェリー
名前の由来:Mungoはスコットランドに多い男性の名前で、羊毛の屑、という意味もある。JerrieはJerryという人名から来ているが、片手間仕事をする人、という意味も。
管理人が観たマンゴジェリー:
西門翔宇(趙宇)さん
李濤さん
百々義則さん
武藤寛さん
幸田亮一さん
辻仁さん
田中宣宗さん
龍崎虎太郎さん

ランペルティーザとペアの泥棒猫。
「マンゴジェリーとランペルティーザ」から「オールドデュトロノミー」の途中で退場するときまで、
虎柄のベストとヒョウ柄のスカーフをつけています。
普段はオレンジっぽい地に黒、茶、赤系の模様の猫。
メス猫のディミータと良く似ているので、華奢な男性が演じていると区別がつかないこともあります。
夫に趙マンゴの写真を見せて「今日はこの人マンカストラップだったよ」と行ったら、
「女の人じゃないの?!」とびっくりしていました。
2幕始まりの「幸せの姿」では、下手端から登場し、客席に降りてきて床においている荷物で遊んだりすることがあります。
小柄なメス猫(動作が子猫っぽいです)ランペルティーザとカップルで、
マキャベティが出たときにランペルティーザをかばったりしているのですが、
「幸せの姿」で一緒に踊るのは大人の女、ボンバルリーナです。
劇中劇では、グロールタイガーの部下である海賊を演じています。

「24匹の猫」に戻る

スポンサードサイト

当サイトについてと免責事項

※当サイトは個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サイト名. All Rights Reserved.