初めて「キャッツ」を観る方へ

ようこそ、「キャッツ」の世界へ。
このページでは、劇団四季ミュージカル「キャッツ」をこれから観る、という方向けの情報を掲載しています。

「キャッツ」ってどんなミュージカル?

もう、これは「観れば分かる」
あるいは、「観てもまったく響かないかも知れない」としかいいようがありません。
一つだけ。
「キャッツ」には、台詞がありません。はっきりしたストーリー展開もありません。だからといって、まったく物語のないレビュー、というわけでもありません。
竜安寺の石庭を見るように、素直に感じるままでいいのだと思います。
が、一応、簡単に設定・物語を書いておくと、

年に一度、ジェリクルムーンという特別な満月の夜、
新しい命によみがえるただ1匹の猫を選ぶために、都会のゴミ捨て場に集まった猫たち。
個性豊かな猫たちは、それぞれの生き方を誇り高く、歌い、踊る。
しかし、その仲間に入れない猫が2匹いる。
年老いた娼婦猫のグリザベラと、みんなに恐れられる犯罪王のマキャヴィティ。
やがて、夜が明けるころ、長老・オールドデュトロノミーが選ばれた猫の名を告げる。
その猫とは・・・

「キャッツ」のチケットはどうやって買うの?

キャッツのチケット購入法に詳しい購入を掲載しています。

「キャッツ」はどこでやっているの?

「ライオンキング」のように、1つの劇場での無期限ロングランではなく、
数ヶ月〜3年ごとに、公演地を変わっていきます。
現在まで上演の実績があるのは、
東京、横浜、大阪、福岡、名古屋、札幌、仙台、静岡、広島です。
この中では、札幌のみ、2000年の大幅リニューアル後公演を行っていません。

「キャッツ」に登場する猫は何匹?どんな名前なの?

通常、24匹とされているのですが、名前の数は27あります(劇中劇に登場する猫がいるため)。
猫の名前と顔が一致すると、お芝居がより楽しめますよ♪
「24匹の猫」をご覧ください。

当サイトについてと免責事項

※当サイトは個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サイト名. All Rights Reserved.