カブリオル/cabriole

ラテン語のcaper「雄山羊」が語源で、「山羊のジャンプ」を意味する言葉です。
跳躍する方向や、空中の姿勢にはいろいろなパターンがあります。また、大抵はグリッサード などで助走をつけてから跳躍に入ります。
後ろ足(ここでは右足)を斜め前に振り上げ、同時に前足(左足)で踏み切って飛び、空中で両足を打ち合わせ、右足を離してその位置に 保ったまま、左足に降ります。イラストには着地を描いていませんが(^^;
幸田ランパスの個別猫紹介がこのジャンプではないかな、と思ったので、空中姿勢はその形に合わせました。
百々ランパスも同じようなジャンプをしています。


キャッツとバレエ・テクニックに戻る

当サイトについてと免責事項

※当サイトは個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サイト名. All Rights Reserved.