1991年 札幌(キャッツ・シアター札幌駅旧構内)

劇団四季ミュージカル「キャッツ」札幌公演

<公演中のできごと>
1991年
・ソ連消滅 ・湾岸戦争勃発

1992年
・バブル崩壊
・東海道新幹線「のぞみ」登場
・バルセロナオリンピック







<劇団四季ミュージカル「キャッツ」札幌公演>
関門海峡に続き、津軽海峡を越えた「キャッツ」。
通算入場者数200万人突破、通算公演回数2000回突破、という記録もできました。

<管理人のその当時>
弟が、大学の部活の合宿に行っている最中にソ連が崩壊しました。合宿中はニュースをまったく見なかったので、帰ってきたらなくなっていた、とびっくりしていました。
管理人は大学3年、専攻過程に進級しました。
92年、バブルは崩壊しましたが、まだそれほど就職活動は厳しくはなく、内定者懇親会で旅行に行ったり、会社から補助金をもらってパソコンを買ったりできました。Dosが苦手な管理人はマックのパワーブック100を購入。卒論をこれで書きました。

劇団四季ミュージカル「キャッツ」の歴史に戻る

当サイトについてと免責事項

※当サイトは個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サイト名. All Rights Reserved.