1988年 名古屋(キャッツ・シアター旧国鉄笹島貨物駅跡地)

劇団四季ミュージカル「キャッツ」名古屋公演

<公演中のできごと>
1988年
・リクルート事件 ・瀬戸大橋開業・青函トンネル開通

1989年
・昭和天皇崩御
・ベルリンの壁崩壊
・天安門事件





<劇団四季ミュージカル「キャッツ」名古屋公演>
名古屋公演の会場は、移動可能な新型「キャッツ・シアター」。
88年11月30日には豊橋出身の俳優・羽根淵章洋が地元でミストフェリーズとしてデビューしました。

<管理人のその当時>
大学受験生です。高校受験よりははるかにプレッシャーがあったのですが、しかし、12月まで合唱部の活動はしていました。
いよいよ受験が迫ったころに、昭和天皇崩御。井上陽水の「みなさんお元気ですか〜」というCMが口パクになるなど、わけの分からない自主規制が相次ぎました。
夫は当時、ロンドンに赴任中で、同じフラットに住んでいるおばあさんに突然お悔やみを言われて仰天したそうです。
大学には、無事合格。管理人、晴れて東大生となりました。

劇団四季ミュージカル「キャッツ」の歴史に戻る

当サイトについてと免責事項

※当サイトは個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サイト名. All Rights Reserved.