2003年 広島(広島郵便貯金ホール)

1983年11月11日東京・西新宿の仮設劇場「キャッツ・シアター」で開幕した、劇団四季ミュージカル「キャッツ」は、2003年広島公演中に20周年を迎えました。

劇団四季ミュージカル「キャッツ」広島公演

<公演中のできごと>
2003年
・米英軍がバグダッドを攻撃、イラク戦争始まる
・米スペースシャトルが空中分解、乗員7人全員死亡
・ヤンキースの松井秀喜選手が満塁でメジャー初本塁打
・自由劇場開場





<劇団四季ミュージカル「キャッツ」広島公演>
「キャッツ」3都市公演、2年目は広島です。
広島公演の期間中、2003年11月11日に、「キャッツ」は日本初演から20周年を迎えました。
20周年記念の「たて」。なんと、ボール紙製です。子供雑誌の「ふろく」みたい・・・



<管理人のその当時>
広島は、さすがに遠いので月に1回飛行機で行き、夜と翌日の昼を観て帰る、というパターンでした。
ある日の昼公演。
いつものようにオーバーチュアが始まり、ドーム型ライトが上がり始めたとたんに、停電で音楽と装置、照明がすべて止まってしまいました。
すぐに開場の電源は復旧したのですが、セットをすべて元に戻す間30分程度ロビーで待ち、その後最初から上演しなおしました。
私は飛行機の時間が遅めだったので、終演が伸びても問題なかったのですが、途中で帰らざるを得ない人もいて、気の毒でした。たしか申し出ると払い戻しになったような気がします。
広島では、紙屋町のヤスミン・カフェというオーガニックカフェによく行きました。
宿泊は、「広島エコノホテル」。たしかに、エコノミーなホテルだったんですが、 もうちょっと気を使った名前にしても・・・(笑)。









当サイトについてと免責事項

※当サイトは個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サイト名. All Rights Reserved.